<< 初の認定日 | main | 位置(BlogPet) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
宮〜Love in Palace
今朝は涼しいなぁ・・・と思っていたら、日中は結構蒸し暑かった。
暑がりの私にとっては、まだ「過ごしやすい」とは言い難いですが、連日35度を超えていた8月に比べればやっぱり「秋」ですね。

・・・働いていないと生活が不規則になるせいか、どうやら体ばかりでなく気持ちまでオバサンになっているようです・・・
またもや「韓国ドラマ」にはまってしまいました!!!(/ω\)

【宮〜Love in Palace】です。

これがですね、いわゆる「皇室ドラマ」なんですけれども、実際のところ、現在韓国には「皇室」はありません。
元々は「李王家」とその一族という、れっきとした「皇族」がいたのですが、日韓併合時に「李王家」は日本の皇族と同等に近い扱いで、「王公族」と呼ばれていました。
確か、日本の皇族はこの王公族との結婚は認められていたはずです。(当時の皇室典範では、皇族は皇族同士か華族としか結婚できなかったはず)
それで実際、梨本宮の娘(今だと女王と呼ぶんだったかしら)が最後の皇太子と結婚して、いつだったか菅野美穂がそのドラマをやっていた気がします・・・なんだっけなぁ・・・。
でも結局、終戦後の日本国憲法で王公族は身位喪失しちゃったのです。
だから、現在韓国に「皇室」は存在しないのですね。

歴史物&皇室物大好きですので、はまる要素はたくさんあるのですが、このドラマはいわゆる「シンデレラストーリー」・・・女性なら、誰しもが憧れますよね〜?
内容的には、架空ですけれども「もしも韓国に王室が存続していたら・・・」という設定で、皇太子のおじいさん(つまり先帝)が生前に一般人の友人とした約束から、皇太子とその友人の孫娘が政略結婚をすることになるってお話なんです。
ごくごく、一般家庭で育った普通の女子高生が皇室に入って散々苦労しつつ、恋愛もあり〜の皇族間での争いもあり〜の・・・その他もろもろ。
皇太子と最初はメチャクチャ仲が悪くて、家に帰りたくて泣いてばかりの皇太子妃なんだけど、いつしか・・・みたいな。
「よくあるフィクション」と思うでしょうが・・・結構見応えあるドラマですよ。

しかも、皇太子がカッコイイ〜!!!(・・・またかよ、と思ってはいけません!)

チュ・ジフン

・・・あぁ、ちょっとコレは写真写りが悪いですかね・・・
じゃあ、コレとか・・・


チュ・ジフン2

・・・ステキ・・・(*^。^*)

身長が187cmもある、元モデルの【チュ・ジフン】が皇太子を演じています。
一重の切れ長の目にいつもイチコロの月さんです。
初のドラマ出演ってことなんだけど、信じられない存在感ですわ。
ちなみに皇太子妃の【ユン・ウネ】も可愛らしい♪
彼女もまた女優としては新人で、元アイドルグループの一員だったのだとか。
ちょっと【長澤まさみ】に似ています。

宮〜Love in Palace

驚きなのは、韓国俳優の演技のうまさなんですよ。
「泣き」のシーンなんか、よくそんだけポロポロ涙が出るわね・・・って感じ。
韓国ドラマにはまるなんて、これっぽっちも思ってなかったけど、韓国ドラマを観た後に日本のドラマを観ると物凄く物足りない感じがします。
衣装も綺麗で豪華、観ていてすごく楽しい♪
ちょっと長いけど、騙されたと思って1枚だけでもDVDレンタルして観てみて〜っ!!!

宮〜Love in Palace2
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | 韓流 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
Comment
月 :
2007/09/27 11:31 PM
あっ!まめさん!!!
即コメありがとうございますっ。
今、記事をUPしたのに画像を入れ替えたりしていたのですが(^o^)
好みは被ってないですか?
残念(!)・・・被っていたら、一緒に追っかけてもらったのに???
一見、冷たそう・・・coolというのでしょうか?・・・で、スレンダー・・・そして割合無口で、声は低め、鼻筋のスーッとした、唇は薄く(まだ言うか!)・・・そんな人が好きです。
身近にいたら、子犬(駄犬!?)のように付きまとって、必死に笑わせようと努力しちゃいますよ!?

TOPへ
まめ :
2007/09/27 11:13 PM
男性の好みはかぶっていないようで良かったです♪
長澤まさみはこの画像だとすごく似ているように思いますね(^^)

TOPへ
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://rnmn-happy67.jugem.jp/trackback/553
Trackback

Recommended